プロミス 在籍確認

MENU

外国人のプロミスへの申し込みはどうなるの?

外国人であってもプロミスに申し込みを行うことは可能です。この場合、

  • 外国人登録証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

を契約時に提出する必要があります。

外国人の本人確認書類について

外国人登録証明書は現在では在留カードになりましたが、有効期間内の場合は在留カードの代わりにすることができます。この在留カードとは主に仕事などで最長5年間日本に在留することができる資格がある外国人に対して発行されるものです。

 

 

外国人が所持している証明書にも違いがあるんだなぁ・・・


これに対して特別永住者証明書は、日本に永住することができる外国人が所持しています。この特別永住者証明書を所持している外国人の9割以上が中国人、もしくは韓国人です。

日本語を理解できる能力も必要

外国人がプロミスを利用する場合、これらのカードや書類の提出の他に、ある程度の日本語力が必要になります。

 

 

少なくともプロミスのオペレーターからキャッシングについての説明を聞いて理解ができないと申し込みは行えません。


この日本語力は契約を行う外国人本人に必要になります。また、通訳など他人を介した契約は行うことができません。

外国人の安定した収入とは?

勿論、安定した収入があることも条件になります。在留カードを所持しているということは日本で仕事をしている可能性が高いですが、

 

 

就労不可と記載のある在留カードの場合は日本での就労は不可能なので、申し込みを行うことはできません。


これは外国人登録証明書の場合も同様で在留資格によって日本で就業が行えない場合はプロミスに申し込むことはできません。

 

 

  • 特別永住者証明書を所持している場合は日本での就労の制限はないので定期的に収入がある職に就いている、もしくは起業しているような場合は申し込みが行えます。
  • 在留カードや外国人登録証明書を所持している場合でも就労を行える人であれば問題なく申し込みを行えます。

勿論、希望額や収入、そして勤続期間、また信用情報などから判断を行うので実際に契約が行えるかどうかは定かではありませんが審査を通過することができれば日本人と同様のサービスを利用することが可能です。