プロミス 在籍確認

MENU

プロミスの金利は消費者金融では低い方

プロミスの実質年率は借入限度額によって変わるようになっており、最低で4.5%、最大で17.8%となっています。
借入限度額が増えるほど金利が下がっていく仕組みです。
しかし、現実的には借入限度額は最低値、金利は最大値が適用されることが多いです。
したがって、他社と比較する際も最大金利で比較するのが公平です。
まず、消費者金融の場合は、ほとんどの場合は最大金利18.0%です。
つまり、プロミスの17.8%は消費者金融の中では一番低いことになります。
とはいえ、わずか0.2%の違いに過ぎませんから過剰評価は禁物です。
仮に30万円を1年借りたとしても、0.2%の金利差では、600円の利息の違いにしかなりません。
よほど、頻繁に多額の借入をする人にしか違いは実感できないでしょう。
実質的にプロミス含め消費者金融の中では金利差は無いと思ってかまいません。
次に銀行と比較してみましょう。
大手銀行の場合はカードローンの最大金利は14.5%前後です。
つまり、プロミスの17.8%と比較して3.3%低いことになります。
3.3%の違いとなると30万円を1年借りたら利息が約1万円も違ってきます。
これは体感できる違いですから、利息をあまり払いたくない人にとってはプロミスよりも銀行カードローンのほうが優れています。
とはいえ、基本的に銀行のほうが消費者金融より審査が厳しいですから、優れていると言っても、利用できるかどうかはまた別問題です。