プロミス 在籍確認

MENU

インターネット申込みが他社より優れているプロミス

プロミスの申込み方法には、店頭窓口や自動契約機また三井住友銀行ローン契約機、電話や郵送そしてインターネット申込みといった様々な方法があります。この中でも、特に24時間365日いつでも受付可能なインターネット申込みは人気がある方法です。

 

 

消費者金融にインターネットで申込むならどの業者がいいかなぁ・・・


今はどこの消費者金融も大手の場合、インターネット申込みを受けつけていますが、プロミスのインターネット申込みのサービスの質は他社と比べても高いと言えるでしょう。

プロミスのインターネット申込みの利便性が高い理由

プロミスと比較される事の多いアコムやアイフルでもインターネット申込みを提供していますが、アイフルのインターネット申込で即日融資してもらいたい場合は申込み完了後にフリーダイヤルへ電話する必要があり、即日振込に関しても時間によっては翌日になるケースがありその時間に関しても明言していないのでプロミスのように最短即日融資を受ける事が確実とはいいきれません。

カードローン名 インターネット申込みのメリット・デメリット
プロミス

カンタン入力とフル入力の2通りの申込みの選択が可能。※カードレス、郵送物なしの申込みが可能。最短即日融資対応サービスは業界NO.1。

アコム

審査回答時間は9:00〜21:00、14:30以降の楽天銀行以外の口座へは即日融資不可能。カードレス、郵送物なしのネット申込は不可能。

モビット

カードレス、郵送物なしの申込みが可能。web完結の申込みには指定銀行口座と社会保険証or組合保険証の所持が条件。

アイフル

カードレス、郵送物なしのネット申込は不可能。即日振込に関しては時間によって不可能。

アコムでは、プロミス同様インターネット申込みからの契約でも即日融資が可能ですが、残念ながらアコムにはWeb完結がありません。その点プロミスのインターネット申込みではカードレス及び郵送物ナシで済ませる事ができるのです。

 

 

最短即日融資のネットサービスはプロミスが群を抜いてるけど申込みに関してはイマイチわからないんだけど・・・


このサービスを利用すれば※カードレスで借入返済が可能となるため、郵送物もなしで窓口や自動契約機へ赴く必要すらなくなります。モビットではプロミスと同様にインターネット申込みによるWeb完結が用意され、カードレスで借入をする事も可能です。
※WEB完結の対象金融機関は200行以上あります。

 

 

在籍確認が電話連絡以外の方法で相談できるインターネット申込が条件ナシで利用できる点です!


しかし、モビットのWeb完結サービスを利用するには、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある事が条件となるのです。このいずれかの口座を振込貸付と返済の為に利用しなければいけないので、条件である口座がなければ新しく開設しなければいけません。

 

 

なるほど・・・理解できました!


しかし、プロミスならこうした口座の条件はありませんから、今ある口座を利用する事が可能です。こうして他の3社と比較するとプロミスのインターネット申込みサービスが優れているといえます。