プロミス 在籍確認

MENU

レイクの在籍確認の電話を回避したい!その方法とは?

レイクの在籍確認の電話は回避することができない!

新生銀行カードローンのレイクでは、融資を行う前に審査を行っています。それ以前にレイクでは、融資を申し込むにあたり安定した収入を得ていることが条件となっています。そのため、レイクでは融資を行うための審査において在籍確認を行っています。

 

レイクの申込書類には勤務先の住所や電話番号を登録する欄があり、これは必須の登録事項となっています。

 

 

しかしどうしても会社に電話して欲しくないんですけど何とか回避する方法はないの?


 

プロミスなら会社への電話確認を別の方法で確認する相談が可能です。


プロミスならレイクよりも金利が低い(プロミス最高金利実質年率17.8%、レイク最高金利実質年率18.0%)ですし、無利息サービスも契約日の翌日から30日ではなく、初回の借入の翌日より30日なので無利息期間が減ることがありません
※ プロミスの初回30日無利息サービスはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能です。

会社に電話して欲しくないのであればプロミスに別の確認方法を相談しよう!
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

レイクの会社への在籍確認の電話に関するあれこれQ&A

アルバイトやパートでレイクに申込む場合の在籍確認も職場に電話される?

レイクでは安定した収入を得ていればパートやアルバイトで働いている人であっても利用することができますが、在籍確認についても同様に行われます。

 

つまり、勤務先の登録ができない人については融資は行われず、在籍確認ができない人についても同様です。これは、レイクにとっては安定した収入を得ていないと同じという扱いになり、審査基準に適合しないためです。

 

 

でもバイト先に電話掛けられたら社員さんに怒られちゃうよ・・・


アルバイトでもパートでも社員さんに気を使わないと仕事がやりにくいですよね。そういった場合もプロミスに相談すれば、職場への電話連絡を別の手段で相談できます。

 

⇒⇒プロミスに別の在籍確認方法を相談しよう!

派遣社員でレイクに申込む場合の在籍確認の電話はどちらに掛かってくるの?

パートやアルバイトで働く人の場合でもレイクに申し込むことができますが、派遣社員でも収入の安定性が確認できればレイクに申し込みが可能です。派遣社員の場合はどうしても期間が決められているケースなどがありますので、収入の安定性という意味では正社員や公務員に比べると一歩譲るところがあります。

 

そのため、たとえば同じ勤務先での勤続期間が長い場合などは派遣社員であっても収入が安定していると考えることができます。そして、当然ながら派遣社員であってもレイクの審査では在籍確認が行われますが、この場合は基本的には派遣先に対して行われることが多いようです。

 

 

レイクの場合は特にどちらを入力するのか指示はありません。なので申込フォームに入力した方に電話が掛かるということになるでしょう。派遣元の場合はどうしても登録している派遣社員の名前などを把握していない場合もある他、登録だけしておいて実際には勤務実態がないケースもあるためです。

 

 

派遣元は僕をすぐに把握できるか分からないし、派遣先で余り良くないことで目立ちたくないし・・・


派遣社員では会社に電話してもらう際には様々な問題が出てくるので、プロミスに相談して電話以外の方法で在籍確認してもらいましょう。

 

⇒⇒プロミスに別の在籍確認方法を相談しよう!

レイクで在籍確認が行われる理由

レこのように、レイクの審査では様々な項目に対してしっかりと確認が行われるものとなっています。レイクは消費者金融ではなく新生銀行のカードローンですので、総量規制の規定が適用されることはありません。総量規制では融資を行う金額を年収の3分の1までと定めていますが、その意味ではレイクは収入の金額に関係なく融資を行うことができます。

 

ただし、レイクへの返済については毎月の収入の中から行うことになりますので、やはり収入が安定していなければ返済もできなくなります。レイクとしても返済能力を確認するうえで在籍確認は重要な確認項目といえますので、パートやアルバイトなど職業にかかわらず審査で確認することとなっています。